1. >
  2. ゾウさんが好きです。でもキリンさんのほうがもーっと好きです。ちなみにリプロスキンの効果は嫌いです

ゾウさんが好きです。でもキリンさんのほうがもーっと好きです。ちなみにリプロスキンの効果は嫌いです

よく美容の雑誌や書籍には、顔が小さくなって肌が美しくなり、ダイエットにも効くし、毒素の排出、免疫力アップなどなど、リンパ液の流れを整えればすべて叶えられる!という華やかな謳い文句が軒を連ねている。

爪の生成行程は樹木の年輪のように刻まれる存在であることから、その時々の健康状態が爪に反映されることが多く、髪の毛と同じように視界に入って理解しやすいので健康のバロメーターとも呼ばれているらしい。

メイクのメリット:自分の顔を少し好きになれる。顔に無数に点在するニキビ跡・黄ぐすみ・毛穴の開き・ソバカス・傷跡を隠せる。回数を重ねるごとに可愛くなっていくおもしろさ。

あなたは、ご自分の内臓は何の問題もないと断言できるほどの自信がどれだけおありですか?“全然やせない”“肌荒れが治りにくい”などの美容にまつわる悩みにも、意外なことに内臓が健康かどうかが深く関係しています!

多くの女性に親しまれているピーリングとは、役目を果たしてしまった要らない皮膚を専用化粧品などでピール(peel:皮を剥くの意味)することにより、新しいキメの細かい皮膚(表皮)に入れ替え、新陳代謝を促す人気の美容法なのです。

頬や顔の弛みは老けて見られてしまう原因になります。皮膚の弾力や表情筋と呼ばれる筋肉の老化がたるみに繋がりますが、それ以外に毎日の何気ない習慣も原因のひとつです。

ドライスキンは、皮ふの角質の細胞間脂質と皮脂分泌の量が通常のレベルよりも減衰することで、お肌(皮膚)にある水分が失われ、表面の角質層がカサカサに乾く症状を示しています。

歯の美容ケアが必須と捉えている女性は確かに多くなっているが、実際におこなっている人はそんなに多くはない。その理由の中で最も多いのが、「どうやってケアしたら効果的なのかいまいち分からない」という考え。

心臓の遠くにある下半身は、重力の関わりでリンパの流通が悪くなるのが普通だろう。というよりも、下半身の浮腫はリンパが少し停滞しているという印の一種程度のものだと捉えたほうがよい。

現代を生き抜く私たちは、常時体内に蓄積されていくという怖い毒を、多彩なデトックス法の力を借りて出し、藁にもすがる想いで健康な体を手に入れたいと尽力している。

美容雑誌でリンパの滞留の代表であるかのように説明されている「むくみ」には大きく2つに分けて、身体の中に潜んでいる病気によるむくみと、病気ではない人でも発生する浮腫があるのだ。

美白ブームは、90年代初頭からあっという間に女子高校生などに知れ渡ったガングロなど、極度に日焼けする独特なギャル文化への批判ともとれるメッセージ性が含まれているのだ。

メイクアップの長所:新製品が発売された時の物欲。メイク前の素肌とのギャップにはまる。様々なコスメに投資することでストレスが発散できる。化粧をすることそのものの面白さ。

アトピー(atopic dermatitis)を薬だけで完治させようというのには残念ながら幾分無理があります。生活環境や楽しいことなどライフスタイル全てのモットーまで視野を拡大したような治療が必要です。

容貌を装うことで気持ちが元気になりゆとりが出るのは、顔にトラブルのある人もない人も違いはありません。私は化粧を己の中から元気を見出せる最良の技術だと信じています。

コスメで老化対策「老け顔」から脱出せよ!お肌の性質をきちんと見極めて、自分らしい化粧品を選択し、丁寧に手入して「老け顔」に別れを告げましょう。

化粧の良いところ:外観が向上する。化粧もたしなみのひとつ。実際の歳より年上に見せられる(ただし10代から20代前半に限る)。自分の印象を思い通りに変えることが可能。

大体は慢性化するも、最適な手当のおかげで病状が治められた状況に保たれると、自然寛解が可能な病気なので諦めてはいけない。

更に毎日のストレスで、精神にも毒物は山ほど蓄積され、身体の不調ももたらしてしまう。このような「心身ともに毒だらけ」というような意識が、苛まれた私たちをデトックスへと駆り立てるのだろう。

お肌の乾燥の誘因である角質層の細胞間脂質と皮脂分泌の縮小は、アトピー性皮膚炎のように先天性の要素によるものと、逃れようのない年齢や基礎化粧品などによる後天的な要素によるものに大別することができます。

慢性的な寝不足は皮ふにどのような影響を与えるのかお分かりですか?その代表格は皮ふの新陳代謝が乱れてしまう事。正常なら28日毎にある肌の生まれ変わる速度が遅くなってしまうのです。

美容外科(Plastic Surgery)というのは、身体の機能上の欠損や変形を修正するよりも、専ら美意識に従って人間の身体の容姿の向上を重要視するという医療の一種で、完全に独立している標榜科目だ。

お肌の若々しさをキープする新陳代謝、つまり皮ふが生まれ変わることが出来る時間帯は実は限られており、夜間に睡眠を取る時だけだと言われています。

メイクの利点:新しい化粧品が出た時の楽しさ。メイク前の素顔とのギャップが好き。いろんなコスメに散在することでストレスを解消できる。メイクそのものの知識欲。

「デトックス」法には危険性や問題はまったく無いのだろうか。第一、体に溜まるとされている毒素というのはどんな物質で、その毒素はデトックスによって排出できるのだろうか?

審美歯科は、第一に美を考えたトータルな歯科医療分野のこと。歯が担う役目には機能面と清潔感を与えるなど審美的な側面があり、どちらも健康面では大事な要素であろう。

肌の生成に欠かせないコラーゲンは、UVに当たってしまったりダメージを繰り返し受けたり、心や体のストレスが徐々に溜まったりすることで、破壊され、遂には生成することが難しくなっていくのです。

美容とは、顔の化粧、結髪、服飾などを利用し容貌や容姿を更に美しく見せるために形づくることを言う。なんと江戸時代には化粧(けわい)と同義のものとして使用されていたらしい。

デトックスという方法は、様々なサプリメントの使用及び汗をかくことなどで、そんな身体の中の有害な物を排出してしまおうとする方法のひとつのことだ。

あまり聞き慣れないリハビリメイクという言葉には、様々な身体機能に損傷を負ってしまった人のリハビリと同様に、顔などの容貌にダメージを被った人がもう一度社会に踏み出すために修得する技という意味が含まれています。

エントリー一覧